抗がん剤は細胞にとっては“毒”

抗がん剤は細胞にとっては毒です。
スタンダードフォード大学細胞生物学博士(元)教授 ブルース・リプトン
が発表した細胞の実験があります。

まず、抗がん剤を投与した場合、細胞は苦しくなり、逃走・防御し始めます。
それが脳にも伝達され、体から毒素を出そうとするため吐き気などの症状をもたらします。

次に、黒酵母β1.3-1.6グルカンを投与すると、細胞が喜んでその栄養素を食べにやってきます。そして細胞は増殖・成長していきます。

◆黒酵母βグルカンとは?【動画】

黒酵母βグルカンがたくさん含まれている健康食品

抗がん剤の主な副作用

抗がん剤はDNAの増殖を抑えたり、細胞の増殖を阻害したり、体内の免疫機能を強化したりといった方法で、がん細胞を死滅させるために使われます。
抗がん剤を服用すれば、多くの場合、一時的にはガンを縮小させることができます。
ただし、服用と同時に副作用が現れます。

基本的に抗がん剤は飲み薬や点滴で飲み薬や点滴で血液中に送り込まれます。
血液に乗って全身に回ることで効果を発揮しますが、逆に言えば正常な細胞もそれだけ影響を受けてしまうということです。

正常な細胞が受ける影響は抗がん剤の種類によって異なりますが、
代表的な副作用は、脱毛、汎血球(はんけっきゅう)減少、吐き気・嘔吐
の3つです。

【副作用① 脱毛】

冒頭でも述べましたが、がん細胞には「増殖スピードが速い」という特徴があります。
そして抗がん剤は、がん細胞を「増殖スピード」で見分けます。

ですので正常な細胞でも増殖スピードが比較的速い細胞は抗がん剤の影響を
受けやすくなります。

その代表が『毛根』と『骨髄』です。
毛根細胞が抗がん剤によって障害を受けると脱毛が始まります。
近年、乳がんや卵巣がんで広く用いられるタキサン系の抗がん剤では、
特に脱毛の副作用が顕著です。

脱毛の副作用を抑えるのは残念ながら現在の技術では難しいです。

【副作用② 汎血球減少(はんけっきゅうげんしょう)】

「汎血球」は耳慣れない言葉だと思いますが、抗がん剤治療の際にはよく聞くようになる言葉です。
血液中の血球は、主に赤血球・白血球・血小板の3種類に分けられます。
汎血球はこれら全ての総称です。

赤血球・白血球・血小板は「骨髄幹細胞」という一種類の細胞が骨髄の中で3種類に分かれています。いわば『血液をつくる工場』です。

抗がん剤は増殖スピードが速い細胞に副作用が出やすいです。
そして骨髄細胞もその代表的な細胞です。

骨髄幹細胞が障害されると、赤血球・白血球・血小板が作られなくなる可能性が
あります。
造血作用がなくなる=放射線を浴びたことと同じです。

そして、3つとも作られなくなることを「汎血球減少症」といいます。

【副作用③ 吐き気・嘔吐】

抗がん剤による吐き気や嘔吐の副作用はテレビドラマでも描かれることが多く、
多くの患者さんが心配される症状です。

原因は抗がん剤が脳の嘔吐中枢を刺激するため。
長期にわたって抗がん剤治療をおこなっている場合、消化管粘膜が障害を受けてしまうことで食欲不振や嘔吐が起こるケースもあります。

みなさんも食当たりをするとお腹が痛くなって吐き気がするのはご存知ですよね。
体の中に異物が入ってくると体はそれに反応して、出そうとします。
これが嘔吐です。

★免疫機能を活性化してくれるβ1.3-1.6グルカン★
黒酵母β1.3-1.6グルカンとは

元気な細胞がダメージを受けてしまうと、免疫力は低下します。
すると今までウイルスや細菌などの異物からからだを守り、病気を防いでくれていた免疫が本来の力を発揮できなくなってしまいます。
そうなると身体は異物から身体を守ることができず、ますます細胞の元気がなくなり、様々な病気を併発しやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。

逆に、免疫機能を活性化させることができれば、弱った細胞を修復させ、
細胞を元気にしてくれます。細胞が元気になれば、体も元気になります。

免疫力を活性化してくれるものは様々ありますが、その中でも特にお勧めなのが、
『黒酵母β1.3-1.6グルカン』です。

黒酵母βグルカンは、免疫力を活性化する、免疫の異常を修復する、老化の進行を遅らせる、低下した身体機能の回復を助ける、ホルモンの分泌を正常にするなど、実に様々な健康促進作用を持っています。

グルカンはお腹に良いことで知られる食物繊維の仲間で、多糖類の一種です。

黒酵母βグルカンの特徴は、
アガリスクなどのキノコ由来のものとは異なり、初めからジェル状の液体であることです。そのため、飲みやすく体内に滑らかに吸収することができます。
この黒酵母βグルカンの中にはリン、カリウム、マグネシウム、カルシウム、
ビタミンCなどがそのまま含まれています。

そして黒酵母βグルカンの構造は
「1.3」の構造の幹(主鎖)に「1.6」の構造の枝(側鎖)が連結し、この構造が腸管の粘膜に作用する複雑な特徴になっています。
さらに、厚生労働省が刊行する「厚生省告示第120号(食品添加物名簿)の中で、
「アウレオバジウム培養液から得られたβ1.3-1.6グルカンを主成分とするもの」
として公式に認められています。

◆黒酵母βグルカンとは?【動画】
◆黒酵母βグルカンがたくさん含まれている健康食品はこちら

 

関連記事

ページ上部へ戻る